暗号化ソフトで情報を守ろう

最近の各種情報はパソコンなどを中心として作成された文章やデータを編集した物が多くなり、以前のように用紙に手書きで文章を記入して捺印をするようなケースは殆んど見られなくなりました。
その代わりに、パソコンなどで作成した各種データはパソコン内部だけでなくて、USBなどで取り出して運ぶ事も容易に出来るのです。
この様な利便性の反面で、万一これらの記憶媒体を紛失でもしたら大変な事になります。
特に企業などの内部機密情報などが外部に流出すると会社の信頼が失墜する事態にもなりかねません。
そこでUSBとパソコンに暗号化ソフトを導入して、閲覧する事の出来る方のみがパスワードを入力して合致した場合にUSBに保存された情報を見る事が出来るようにする事が必要です。
暗号化ソフトを入れますと、普通のソフトではデータ読取りが出来なくなります。
また最近はデータ容量の大きなハーディスクも小型化してきており、簡単に持ち運び可能となっていますが、これも紛失しますと大変な事になりますのでデータの暗号化機能のある製品も販売されています。
この様に情報は様々な記憶媒体を用いて手軽に持ち運び出来るのですが、セキュリティに対して充分な注意が必要です。

新着投稿