BYODを活用して貰うために

BYODとはBring Your Own Deviceの略になります。
これは社員が会社の携帯端末ではなくて、自分の携帯端末を仕事で利用することです。
よく話題になる企業の情報漏洩のニュースがあります。
これは個人のパソコンを使って業務をすることで起こることが多いのです。
しかし緊急時やその場での対応が求められる場合に、やむおえず自分の端末で業務をすることもあるでしょう。
その他でも私物の機器のほうが使い慣れているからなど、いくら規制しても無くなることがないです。
更に規制したことで作業効率が落ちてしまうとも限りません。
そこで社内情報を守るためにBYODにはi-FILTERをすることで問題がクリアできます。
i-FILTERは、端末に企業データを残さないよう設定できるのです。
企業にとっての情報漏洩は大きく信頼を下げるどころか、大きな損失にもなりかねません。
会社存続の危機にも陥る重要なものです。
企業情報を守って、作業効率も守ることができるセキュリティ対策が求められています。