飛蚊症は眼科で治療しましょう

視野の中に黒い点や虫の様な物が見える事を経験した事が、あるのではないでしょうか。
その症状を飛蚊症と言って、治療は眼科でレーザーになります。
一般的には、自然に治る病気ですし、自然に感知する事が望ましいとされるのですが、症状がひどくなってしまうと、ストレスになったりノイローゼになる人もいるので注意して下さい。
ただし、網膜剥離などの重病の前触れなどもありますので、症状が病まない人は病院で検査を受ける事をお勧めします。
眼球内には、卵の白身に似たゼリー状の物が詰まっていて、これが硝子体です。
若い時には、透明で濁りが無いのですが、年齢と共に濁って来ます。
この濁りが原因になり、飛蚊症の症状が起こってしまうのです。
また、重病の前触れである場合では、網膜に穴が開いてしまったり、網膜がはがれてしまった状態や硝子体内で出血が起こったり、一部のぶどう膜炎でも症状が出る事があります。
そうなってしまうと大変なので、眼科で早めの治療が必要です。
レーザー治療では、治療前に点眼麻酔を行いますので、痛みの心配もないでしょう。
治療も数分で終わるケースが多いので、軽い症状の場合は、気にする必要はありませんが、症状が重い場合は治療して見てはいかがでしょうか。
http://matubaracl.com/floaters/