融資額が高いのが不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンは無担保ローンよりも融資の限度額が高いのが特徴です。日本保証の不動産担保ローンでは、最低でも50万から融資を受けることができます。最高限度額は10億円です。ちなみに融資の上限は不動産評価額の7割と言われているので資産価値が高ければ高いほど融資額が高くなります。お持ちの土地の資産価値が気になる方は一度調べてもらうといいかもしれません。個人事業主や勤続年数が浅い場合でも融資は受けられるそうです。無担保ローンがローンを受ける本人を担保にしているのに対し、不動産担保ローンは不動産の資産価値が重要視されます。審査の基準が違ってくるため無担保ローンでは融資が難しいケースでも融資が受けられるのです。転職したばかりの人でもローンが組めるのが不動産担保ローンのメリットと言えます。申し込みから融資までの手続きも簡単で数日で融資を受けられるケースもあります。融資を受けられる日数はその人の状況により違いがありますが、金銭的な悩みをお持ちで一日でも早く融資を受けたいと思っている方は不動産担保ローンに相談してみてはどうでしょうか。あなたの経済的な負担が思っていたよりも早く軽減されるかもしれません。