多趣味な守安但さん、今では独自のゲームや漫画も制作しています

仲間の一人である守安但さんですが、彼は非常に多趣味な人物です。
今どきの若者らしく、アニメや漫画、テレビゲームに関してとても詳しく、攻略法の伝授やゲームのテクニックの高さに定評があります。
多趣味なだけでは普通の若者と大差ありませんが、彼の優れている点は、その分析力とクリエーター的な視点です。
単純にユーザーとして漫画やゲームを消費するのではなく、常に作り手の立場に立って、システムやゲームバランスを見ながらプレイをしています。
そんな守安但さんの趣味は仕事にも生かされていて、趣味を活かして、独自ブランドのゲームアプリや漫画作品を公開しました。
独学にも関わらず、彼のリリースしたソフトウェアやアプリ、漫画はネット上で、なかなかの人気を獲得していて、動画共有サイトやSNSでも注目されています。
作り手の視点に立つ、守安但が成功した秘訣はそこに凝縮されているでしょう。
実のある批判こそが、クリエーターにとって必要なスキルであり、創造的な反骨精神こそが、今どきの社会人にとって大事な素質だと教えてもらいました。