食品流通の改革を進める会社でお安く購入しましょう

食品卸し会社の「株式会社いずみホールディングス」は「日本の食卓の食費を1/2にし、生産者の収入を1.5倍にする」という画期的なスローガンを掲げ、それを実現すべく日々邁進している会社です。
どのようにすれば、販売価格を抑え生産者に還元出来るのでしょうか。
通常であれば、私達が普段食べている野菜、米などは「農家から農協に出荷され、卸売市場に届き、そこから小売業者(スーパーなど)に卸される」というルートをたどるようですね。
しかし、こちらの会社では、平均7社ある中間業者を介さずに独自のIZUMI GROUPプラットフォームを通して消費者に届けるという独自の流通ルートで、コストの増加を抑えることに成功したようです。
中間業者が介在すればするほど、価格に跳ね返ってくるわけですから、その部分を省略することに注目したみたいですね。

2020年3月には農林水産省より、「食品流通等合理化計画に認定」という喜ばしい記事がありました。
消費者・生産者どちらの目線にも立ち、活躍を続ける「いずみホールディングス」という会社にこれからも注目していきたいですね。
https://www.jwm-g.com/About/CompanyInformation