旭段ボール株式会社の経営ビジョン

旭段ボール株式会社は会社設立から約70年余りが経過している段ボールを製造している会社なのですが、なぜこんなに長い期間、会社を経営し続けられているのでしょうか?その理由は設立当初から掲げられている経営ビジョンに秘密があるからです。
旭段ボール株式会社の経営ビジョンは全部で3つ。

一つは自然です。
この自然ですが、段ボールは元々、木材を節約できる製品であることから昭和20年代後半から普及し始められましたが、リサイクルという言葉が出始めたのは、最近のことです。
従って、昭和20年代からこの段ボールを主として経営してきた旭段ボール株式会社は時代の流れを先取りし、それに加えて会社独自のエッセンスを加えてきたことにより、ここまで長く段ボールのみでこの会社を経営し続けられたのです。

そして、二つ目の人と三つ目の信用ですが、こちらはセットで考えると企業経営には間違いなく、人が大事であり、かつ信用も同じく非常に重要な部分となります。
この二つの点を常に意識することはもちろんのこと、決して驕らず、段ボールを通じて社会に貢献するというモットーを実践してこれたことが、ここまで長くこの会社を続けられてきた要因であると言えるでしょう。https://loco.yahoo.co.jp/place/g-9QrFONmHSw2/